異文化マネジメント

グローバルビジネスの現場は、毎日が異質との遭遇です。異なる文化的価値観を相対的に比較し、日本を含む文化をニュートラルかつ体系的なトレーニングを通じて読み解き、一人ひとりがグローバル環境下でリーダーシップを発揮できる俯瞰的な視点を提供しています。

ホフステードの国民文化6次元モデル

ある国で生まれ育った人々が、ひとつの状態よりも他の状態のどちらを好むかを示す平均的傾向値が、国ごとにどう異なるかを6つの次元(切り口)で表し、各国の文化の違いを比較するツールです。

ビジネスにおいて何をマネジメントするかは世界共通です。しかし、それをどのように遂行するかは国や文化によって異なります。ホフステードの6次元モデルは、その異なるやり方の背後にある、目で見ることのできない文化的価値観の違いを6次元で説明します。

  • 権力格差
  • 集団主義/個人主義
  • 女性的文化/男性的文化
  • 不確実性の回避度
  • 短期/長期志向
  • 人生の楽しみ方

 

異文化マネジメントセミナー

異文化対応能力を高め、組織内の多様性を戦略的な強みとして活用していくためのセミナーです。

異文化マネジメントセミナー

異文化に対する感受性と気づきを醸成する

異文化が関わる状況を認識し、異文化との協働、異文化の中で仕事を効果的に行うためのツールを提供します。異文化環境での日常業務をいかに最適化するかを目指します。ホフステードの国民文化6次元モデルの活用法を学習し、文化的差異を想定し、その対応策を立てることができるようになります。

応用コース2日

多様性を活かす GLOBAL EFFECTIVENESSを身につける

交渉、会議、コミュニケーション、プランニング、マネジメント、リーダーシップなどのテーマを通して、異文化対応能力を強化します。ホフステードの国民文化モデルで受講者の経営課題を分析し、ケーススタディによる実践的な事例を取り上げるため、学習内容を職場に持ち帰り、直ちに実践に移すことができます。受講者には自らの異文化対応スキルを評価していただき、さらに異文化対応能力、多様化を活かす能力が身につくように、学習内容の定着化を図ります。

特別コース

特定の文化やトピックに精通する

特定のテーマに焦点を当てます。たとえば、受講者が特定の国または地域の人々と交渉して成果をおさめるための支援策を提供します。「文化」とプロジェクトマネジメント、「文化」とマーケティング、「文化」と営業、「文化」と教育、そして 異文化間のバーチャルチームなど、ニーズに合わせて文化の視点から多様性を活用する、カスタム・メードのセミナーを提供します。受講者が直面する日々のグローバルな経営活動から、最大限の成果を得られるようにサポートします。

オンラインツール カルチャーコンパス

 

特定の国とのビジネス、駐在、留学で直面する課題に対応できるよう、アドバイスするオンラインツールです。

カルチャーコンパスは、回答者の文化的価値観の傾向をホフステードの6次元のスコアで測定し、関心のある国と比較します。ある特定の国で果たす役割を選び、その環境下で遭遇する可能性のある文化的なチャレンジを認識よりスムーズな人間関係を構築するアドバイスを提示します。

20分程度のオンラインサーベイにお答えいただいたあと、下記のレポートをお届けします。

  • 回答者の回答内容、その国で果たす役割に基づいたアドバイス
  • ホフステードの6次元モデルスコアの比較グラフ(回答者、母国、関心のある国)
  • 回答者のスコアに近い国、遠い国

 

<サンプル>

カルチャーコンパス

 

 

カルチャーコンパス

 

カルチャーコンパスを受けていただくことができます。こちらからどうぞ。

http://geert-hofstede.com/cultural-survey.html?lang=jp