文化とマネジメントのブログ

グローバルに活躍するための異文化適応力を身につける〜itim ジャパン認定カルチャラル アンバサダー(異文化編)資格取得講座

CQ

グローバル局面のみならず、日本の組織の中の様々な文化や人材の多様性を見極めるために欠かせない異文化適応力. 「グローバルに活躍する人材」には、高い専門性、コミュニケーション力、異文化適応力が求められます。英語に全く問題のない米国人でも、海外ビジネスの失敗率は70%近くになると言われています。グローバルビジネスの.

文化をツールとして活用するためのヒント 第四回

組織を読み解く6つの次元(切り口) 次元3 仕事の規律、コントロール、次元4 職場の関心、同調圧力 前回に引き続き、ホフステードの組織文化の次元を解説します。この次元は、仕事をする過程で、組織のメンバーの関心がどこにあるかを測ります。組織への帰属意識は次回ご紹介する次元8でカバーします。

itim Japan のファシリテーター/コンサルタント 第2回 宮崎百合子

こんにちは。Itimジャパンのシニア・ファシリテータの宮崎百合子と申します。 経営課題に向けて、能力開発と組織開発を連動させるコンサルティングの会社を始めて21期となりました。ホフステードのモデルも、個人や組織が持っている持ち味をグローバルに等身大の能力として活用できるツールとしてご紹介しています。 私自身

3月9日異文化理解・対応力研修

業務は理解できているのにグローバルビジネス(海外赴任)がうまくいかないのはなぜか? グローバルビジネスにおいて、さまざまな国民文化や民族的価値観をもつ人々とのコミュニケーションが欠かせません。しかし、それらは日本とは全く異なる場合があり、ビジネスの進め方に大きく影響してきます。

itim Japanのサービス

異文化マネジメント

異文化マネジメント

異なる文化的価値観を読み解き、グローバル環境下で力を発揮できる俯瞰的な視点を提供します。

組織文化診断

ResizedService2_組織文化診断

現在の組織文化を測定・診断し、課題を客観的に提示。課題解決につながるプロセスを提案します。

Cultural Intelligence (CQ)

CQ

多様な文化的背景の中で効果的に機能する能力、いわゆる「文化の知能指数」を指します。

ファシリテータ/コンサルタント

ResizedService4_コンサルタント

文化をフレームワーク化して経営に活かす専門家集団です。厳しい訓練を経て認定を受けています。

文化とマネジメントのツール、セミナー

カルチャーコンパス

カルチャーコンパス

特定の国とのビジネス、駐在、留学で直面する課題に対応できるようアドバイスするツールです。

組織文化診断

組織文化診断

現在の組織文化と、最適な文化、「理想の職場」を数値化してギャップを可視化するツールです。(英語版)

CQ測定

CQ assessmennt

自己評価、相対評価、360度評価などいくつかの方法があり、ニーズに応じたご提案をします。

セミナー・会議

異文化マネジメントや組織文化診断など、itimのツールを体験、学んでいただけるセミナーや会議のご案内です。