文化とマネジメントのブログ

経営と文化の交差点― IQ,EQに続く資質「CQ」を高める(「電通報」掲載)

CQ

本年5月に開催された文化と経営の国際会議 The Culture Factor。 『日本の持つ「文化力」の発掘と展望』のパネルディスカッションでモデレーターをつとめた電通総研・宮林さんが、当日の様子を振り返りながら、異文化との向き合い方やCQ (Cultural Intelligence) について掘り下げます。

【9月2日セミナー】異文化マネジメント研修 無料体験会

pople

グローバル化の進展に伴い、国境を超えたビジネスに従事するグローバルリーダーの数が年々増えています。 外務省の統計では、海外に長期滞在する人の数は2015年で86万人。これは20年前の46万人の倍に迫る人数です。日本国内で国際的な仕事をする人を含めると、国境を超えたビジネスは、私たちがいつ関わってもおかしくない状況です。

【9月3日、4日セミナー】グローバル・リーダーに必要な異文化対応力を身につける

globe plus people

グローバル局面のみならず、日本の組織の中の様々な文化や人材の多様性を見極めるために必要な「異文化対応力」ある人は、「文化的相違は私には関係ありません。私は文化ではなく個人と取引します。相手がフランス人であるか中国人であるかは重要な基準ではありません」と言うかもしれません

文化を分析する: アジア初の開催となった The Culture Factor @Tokyo 2016

CFアイキャッチ

2016年5月、「文化と経営」にフォーカスしたアジア初の国際会議を日本で開催し、250名を超える国内外の方々にご参加いただきました。文化とマネジメントの第一人者、ボブ・ワイスフィス、ヘルトヤン・ホフステード、太田正孝氏を迎え、国民文化と組織文化について、深い知見と意見交換の場を構築することができました。

itim Japanのサービス

異文化マネジメント

異文化マネジメント

異なる文化的価値観を読み解き、グローバル環境下で力を発揮できる俯瞰的な視点を提供します。

組織文化診断

ResizedService2_組織文化診断

現在の組織文化を測定・診断し、課題を客観的に提示。課題解決につながるプロセスを提案します。

Cultural Intelligence (CQ)

CQ

多様な文化的背景の中で効果的に機能する能力、いわゆる「文化の知能指数」を指します。

ファシリテータ/コンサルタント

ResizedService4_コンサルタント

文化をフレームワーク化して経営に活かす専門家集団です。厳しい訓練を経て認定を受けています。

文化とマネジメントのツール、セミナー

カルチャーコンパス

カルチャーコンパス

特定の国とのビジネス、駐在、留学で直面する課題に対応できるようアドバイスするツールです。

組織文化診断

組織文化診断

現在の組織文化と、最適な文化、「理想の職場」を数値化してギャップを可視化するツールです。(英語版)

CQ測定

CQ assessmennt

自己評価、相対評価、360度評価などいくつかの方法があり、ニーズに応じたご提案をします。

セミナー・会議

異文化マネジメントや組織文化診断など、itimのツールを体験、学んでいただけるセミナーや会議のご案内です。