文化とマネジメントのブログ

組織文化の見える化〜ホフステード・モデル

2dzzhDBs

「文化と戦略の父」として名高いホフステードは、文化とは「ある集団を別の集団と区別する心の集団プログラミング」と定義し、「世の中にいい文化も悪い文化もない。ただ違うだけ」と述べています。組織文化にも「いい悪いはない、戦略・ゴール・ビジョン実践を支える環境が整っているのかどうか」がホフステードの視点です。

【7/6 セミナー】ホフステード式組織文化診断モデルの特徴

組織文化を測定すると何が見えてくるのか。本セミナーでは、オランダの経営学者ホフステード教授が開発した「組織文化診断モデル」を使うと、見えにくい組織文化がどう可視化され、それによって何が見えてくるのか、見えてきたものをどう扱うのかについて事例を交えながらご紹介していきます。

【セミナー・終了】グローバルリーダーに必要な異文化対応力

グローバルで活躍するために、語学よりも大切な「異文化対応力」。日本と世界を読み解くツールを使いこなして、世界の人ともっと上手く付き合えるようになるワークショップです。ホフステード博士モデルを使い、ビジネスにおける異文化環境でリーダーシップを発揮するための気付きや実践的な知識を身につけます。 

ホフステード博士のインタビューが掲載されました。(ジェトロセンサー 2016年4月号)

ホフステード先生2

異文化マネジメントの世界的権威であるヘールト・ホフステード博士が、グローバルビジネスを成功に導く外国人材活用の秘訣を国民文化の6次元モデルから解説します。

itim Japanのサービス

異文化マネジメント

異文化マネジメント

異なる文化的価値観を読み解き、グローバル環境下で力を発揮できる俯瞰的な視点を提供します。

組織文化診断

ResizedService2_組織文化診断

現在の組織文化を測定・診断し、課題を客観的に提示。課題解決につながるプロセスを提案します。

Cultural Intelligence (CQ)

CQ

多様な文化的背景の中で効果的に機能する能力、いわゆる「文化の知能指数」を指します。

ファシリテータ/コンサルタント

ResizedService4_コンサルタント

文化をフレームワーク化して経営に活かす専門家集団です。厳しい訓練を経て認定を受けています。

文化とマネジメントのツール、セミナー

カルチャーコンパス

カルチャーコンパス

特定の国とのビジネス、駐在、留学で直面する課題に対応できるようアドバイスするツールです。

組織文化診断

組織文化診断

現在の組織文化と、最適な文化、「理想の職場」を数値化してギャップを可視化するツールです。(英語版)

CQ測定

CQ assessmennt

自己評価、相対評価、360度評価などいくつかの方法があり、ニーズに応じたご提案をします。

セミナー・会議

異文化マネジメントや組織文化診断など、itimのツールを体験、学んでいただけるセミナーや会議のご案内です。