文化とマネジメントのブログ

itim Japan のファシリテーター/コンサルタント 第5回 Erika Visser

私は、文化的、政治的な紛争の多い国、南アフリカの出身で、文化が与える社会への影響を常に感じていましたが、各国の文化に違いがあることを認識してはいませんでした。大学を卒業しバイオテクノロジー企業に就職し、オーストラリアからシンガポールに移住して初めて、国の文化の違いがはっきりと分かるようになりました。

itim Japan のファシリテーター/コンサルタント 第4回 MaryAnne Jorgensen

こんにちは!MaryAnne です。 私が初めて日本に来てから25年以上経ちました。私は多くの「翻訳がない」時代を過ごしました。日本におけるコミュニケーションは間接的であるため、自分は正しいことをしていると思っていたのに、実際には言われたことを完全に誤解していたことに、後から気づくということがよくありました。

文化をツールとして活用するためのヒント 第五回

私はこれまでホフステードのモデルを用いて、500近い組織の診断に関わってきました。ほとんどの組織は、組織を強くするために様々な努力を重ねておられ、悩まれてもいました。診断を終えると、顧客からは一応に「これまでなんとなく感じていたこと、言葉にできなかったことが視覚化されたので、目標達成に向けてどんな手を打てばよいのか

CQ アセスメントの日本語化に取り組みました

この4月から新たな国、拠点で仕事を開始される方々もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? そんな方々には、CQ アセスメントを試していただきたいと思います。 私達はCQの研究・育成機関であるCultural Intelligence Centerとともにその日本語化に取り組んでまいりましたが、

itim Japanのサービス

異文化マネジメント

異文化マネジメント

グローバルビジネスの現場は、毎日が異質との遭遇です。

異なる文化的価値観を相対的に比較し、日本を含む文化をニュートラルかつ体系的なトレーニングを通じて読み解き、一人ひとりがグローバル環境下でリーダーシップを発揮できる俯瞰的な視点を提供します。

 

組織文化診断

ResizedService2_組織文化診断

組織のゴールやビジョンの達成には、それにふさわしい文化(環境)が不可欠です。現在の組織文化を 8つの次元で測定・診断、現状分析と課題を客観的に提示します。その上で、処方箋として課題の解決・組織の変革につながるプロセスづくりを提案します。

Cultural Intelligence (CQ)

CQ

多様な文化的背景の中で効果的に機能する能力、いわゆる「文化の知能指数」を指します。

ファシリテータ/コンサルタント

ResizedService4_コンサルタント

文化をフレームワーク化して経営に活かす専門家集団です。厳しい訓練を経て認定を受けています。

文化とマネジメントのツール、セミナー

カルチャーコンパス

カルチャーコンパス

特定の国とのビジネス、駐在、留学で直面する課題に対応できるようアドバイスするツールです。

組織文化診断

組織文化診断

現在の組織文化と、最適な文化、「理想の職場」を数値化してギャップを可視化するツールです。(英語版)

CQ測定

CQ assessmennt

自己評価、相対評価、360度評価などいくつかの方法があり、ニーズに応じたご提案をします。

セミナー・オープンコース

異文化マネジメントや組織文化診断など、itimのツールを体験、学んでいただけるセミナーや会議のご案内です。